おまけの青空

浮かれたふたごは、そのあと足を延ばして、苫小牧・北大演習林へ。
ここも青空
初夏の太平洋側ですが、ここでも青空に恵まれました♪

確か、ここにもあったよね?
やはり水辺が似合う~
ちょうどいい時期ですねぇ。
グリーンが主役♪
ここでは周囲のグリーンが主役です。

DSC01554.jpg

イコロは見頃

いつもは夏山へそれ~っ、て行っちゃう時期なので、そう言えばイコロには来た事が無かったよねぇ。
さて、どんなお花が迎えてくれるかな♪


おおっ、入った途端 歓喜のお出迎え。
まっまぶし過ぎる
アネモネってこんなに可愛らしいのもあるんだねぇ。
DSC01486.jpg

ハーブの植え込みに大胆! アリウムもよーく見るとその花の中は小宇宙。
DSC01534.jpg

ふたご姉の庭にも咲いてるチョウジソウですが、どうも種類が違うな。
こんなみっしり花を付けてると、せっかくの涼しげな青が・・・。
まっ、それでも充分美しい。
DSC01500.jpg

ラブリーなベルちゃんも、こんな日陰ならしっとり見えます。
DSC01503.jpg

このお花は??葉を見るとイチゲの園芸種かなぁ??
DSC01508.jpg

ゴージャスでかしましいゲラニューム。 お日様が似合ってます。
DSC01511.jpg

この時期のホワイトガーデンは、とても落ち着いた雰囲気で、色んなトーンの「白」を楽しめます。
DSC01531.jpg

クリンソウの白も美しいね。
DSC01529.jpg

芝生でごろりとするには最高の季節。 
後ろのカフェでは敷物も置いてあり、ふたごはコーヒーと、焼き立てのスコーンをいただきました。
DSC01542.jpg

花にまみれたのはふたごも。
本当に最高のお花見日和でした。
DSC01490.jpg

ふたごのリカバリ山

エネルギー切れの時の処方箋。
この山はいつもふたごに元気を戻してくれます。
と、言うわけで、オロフレ山は“リカバリ山”
立ち位置も決まってます^^
そりゃ、こんな花たちに囲まれたら、自然にリカバリしますよ♪

見たかったツバメオモトも登山道わきにちらほら。
まだ残ってました

こんなかわええのがいっぱい
この日はイワカガミ祭りで、足元にバッサバッサと咲いていました。
こんなフリフリの花びらでどんなハチを誘っているのやら^^;
んっ?
誘われてるのは人間か。。。この日の登山者は100名は超えていた事でしょう。
目指すはあの頂
霧のイメージのオロフレですが、この日はふたご姉の念のおかげで青空。

登山道は花だけじゃなく、葉っぱの形・色も様々。
足元の星たち
花を見て~青空見て~足元見て~、こんな登山が大好きなふたごです。
相変わらずなかなか進まない^^;

山頂からはこんな眺めも。
ニセ高根が原
どこかで見た~
あ、高根が原?!

こんな花を見たら、もう夏山~
夏色

でも、まだまだ春も残ってる。
春の気分も♪
すっかりリカバリーしたふたごなのでした。

浮かれた円山

今年は山野草の咲き方がどうも違います。
円山の萌え具合はどうじゃろ?とパトロールに行って来ました。

朝の遊歩道です。1週間前には全く葉が出ていなかったのに、いきなりブワッと来ました。
桂もミニミニ❤葉を開き出しています。
今朝の円山遊歩道の萌え具合

この時期、遊歩道を歩くと雨のような音が聞こえます。「バラバラバラバラ・・・・」
正体はこれら。冬の固い外套を脱ぎ捨てる音です。
冬の外套を脱ぎすて

登山道には全く雪は残っておらず、登山口から山頂まで延々とエンゴサクロードが続きます。
例年は、もう少し山頂までのグラデーションがあるのですが。
登山口~山頂までずっと

今が一番フレッシュな状態です。
エンゴサクは咲き始めの頃が一番 色合いが美しいですね。
ツートン

シロバナもあちこちに。実はよくよく見ると、完全な白ではなく、かなーり薄い水色なのです。
実物は淡い水色

Perfumeのようなフォーメンションも。
Perfume?

紫の濃いタイプも素敵ですよねぇ。
とにかく色の個性があって、飽きません。
どこぞではネモフィラの大庭園に観光客が殺到しているようですが、エンゴサクのこの爽やかな色も
負けてはいないと思うのですがねぇ。
このムラサキも素敵だよね

でも公園には、今時期 沢山の人が浮かれているようです。
円山の地下鉄コンコースもご覧の通り。
道産子は春はつい浮かれちゃいますよね。
浮かれた円山地下コンコース

生きもの紀行

雨の函館を後にして、そのまま東へ移動。
…ここも函館市なんですねぇ。
昨日の霧雨がウソのよう
霧が立ち込めていた道南でしたが、みるみるうちに視界良好。
対岸、大間もくっきり見えます。

ほぼ山頂までクルマで登れる恵山。
生きてますっ
しかし、ご覧のとおりの噴気です。
前日に放映されていたブラタモリの箱根の大涌谷にも負けてないですねぇ。

道南ドライブでは、ここも欠かせません。
こちらも生きてます
こちらは噴気はありませんが、生きている火山です。
山の雪解け、森の芽吹き、地面一面の緑に、巨大な生命力を感じます。

一角にある大沼公園駅は雰囲気のある佇まい。
がんばれJR北海道
ここからクルマで20分足らずのところまで新幹線が延びていますが、
観光地にはローカルな汽車が似合います。
JR北海道も生き延びてくれ~

小沼をぶらり。
胸いっぱい深呼吸
このたっぷりの水が大地を潤すんですね…まさに生きてる。
ふたごも生きているって感覚を取り戻した時間でした。
・・・あと1週間もすると桜と観光客でいっぱいになるでしょうか。

<おまけ>
大沼公園のグルメサイト!
DSC_1734.jpg
フレッシュチーズサンドが超おすすめです^^;

DSC_1738.jpg
これについてはノーコメント。
プロフィール

ふたごやまWF

Author:ふたごやまWF
季節を追いかける
ふたごブログへようこそ!

↓これまでのサイトです↓
http://blogs.yahoo.co.jp/futagoyama_c

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム