FC2ブログ

登り納め ~湘南の雪山(?)を歩く

少し間が空いてしまった登山録…。
今回は湘南の雪山を目指します!やっぱり雪がなきゃね。
なぜ雪山かは後で解説。

本日の登山口
ふたご登山初のタクシー利用での縦走…大雪山でこれをやったらいくらかかることやら。
鎌倉駅からタクシーで1,000円のところにある法性寺がスタートです。
白猿はこの地で日蓮さんを救った神獣なんだとか。

鎌倉の三方を囲む山はこんな地層で出来ています。
この地層が崖や複雑な地形を造っています
名越切通は鎌倉とその東側の逗子を結ぶ街道を作った時の切通だそうで、
今は道路や鉄道がトンネルが通っています。

ぽかぽかの日差しの中、低笹の生える小道を進み、パノラマ台へ登ると…
いきなりパノラマ
いきなりのパノラマ。
ここからは鎌倉の地形が一度に見れます。
南側は駿河湾、三方は山々に囲まれいて、中学校で習った鎌倉幕府の地勢そのもの。

パノラマ台を後にすると、大規模な宅地造成地の脇が登山道になっています。
鎌倉では「ハイランド」と呼ばれる住宅街のようで、ここからの富士の眺めも素晴らしい。
住宅街からも富士
手前の木々は桜なので、春には雪の残る富士と桜が楽しめるのでしょう。
で、ここから本日の山のピークへと向かったのですが、・・・ピークの写真がない^^;
標高121mの衣張山は、周囲よりやや高いだけのピークなので、写真も撮らずに通過してしまったんですね。
この衣張山(きぬばりやま)は、源頼朝がこの山に白い衣を覆わせて、雪山のように仕立てたことから名がついたとか。

鎌倉は寺社めぐりの他にトレッキングする人も多いようで、いたるところに案内標識があります。
道案内もしっかりされてます
お寺や神社がランドマークなのも鎌倉のトレッキングコースの楽しみのひとつですね。

終点は鎌倉駅近くの妙本寺。
ここにはまだ秋が残っています。
知らないおじさんがインスタ映え
楓は北海道では見たことのない種類で、葉っぱが数センチの小さな星のよう。

妙本寺近くには小さな蕎麦屋があったので、ふたごの年越しそばはここでいただきました。
年越しそばは山形蕎麦で
カウンター6席のみの小さな店構えで、昼から日本酒も飲めます~
もちろんふたごは蕎麦のみで大満足。
その足で鶴岡八幡宮へ…さすがにここは多くの人で賑わっていました。

さて、江ノ電はどこへ?
鎌倉駅の東側の山中を巡る約10㎞の山旅でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ふたごやまWF

Author:ふたごやまWF
季節を追いかける
ふたごブログへようこそ!

↓これまでのサイトです↓
http://blogs.yahoo.co.jp/futagoyama_c

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム