FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雌阿寒岳~晩夏のふたご登山1

久しぶりの広い空。
大雨被害のあった北海道ですが、一転、穏やかなお天気です。
空が広ーい

そう。
広い空を予約してやってきた場所は雌阿寒岳。
前回は霧で視界が悪かったので、リベンジです。
静かな森歩き
で、野中温泉からの登山道は静かな森歩きから始まります。
足元は木の根が大地を守ってくれている安心感。
躓かないように気を使い、運動不足気味の足を上げて進みます。

DSC01219.jpg

3合目を過ぎると険しさが増してきます。
と、同時に下山してくる方々も・・・(この日は珍しく10時スタートのふたご登山でした)
岩ゴロゴロの道
雌阿寒岳の山肌は紅葉時期でもないのに、色とりどり。
ひんやりした空気も、キラキラの日差しも、全てが体に滲みわたります。

神々しい溶岩
8合目に近づくと、神々しい岩に反射する晩夏の日差し。
火山はどこを切り取っても険しく、素敵です。

DSC01251.jpg

8合目より先はやや風が強めですが、霧を吹き飛ばしてくれました。
定番ですが絶景
火口内の水たまりは、先日の大雨の影響でやや色が薄めのようですが、絶景!
こっ、これを見たかった~

険しい荒野
でも、強風とこの荒々しさに、登山道でも安心していられません。

君の名は。の一場面
山頂付近の登山道はいくつもの噴火口に囲まれていますが、どこか安心感が。。。
でも、火山ですからね~
まったりしてはいられません。

この山にはこの山野草
下山時にはやや筋肉痛のふたご。
ゴゼンタチバナは日に日に色鮮やかになっていることでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ふたごやまWF

Author:ふたごやまWF
季節を追いかける
ふたごブログへようこそ!

↓これまでのサイトです↓
http://blogs.yahoo.co.jp/futagoyama_c

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。