スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮かれた円山

今年は山野草の咲き方がどうも違います。
円山の萌え具合はどうじゃろ?とパトロールに行って来ました。

朝の遊歩道です。1週間前には全く葉が出ていなかったのに、いきなりブワッと来ました。
桂もミニミニ❤葉を開き出しています。
今朝の円山遊歩道の萌え具合

この時期、遊歩道を歩くと雨のような音が聞こえます。「バラバラバラバラ・・・・」
正体はこれら。冬の固い外套を脱ぎ捨てる音です。
冬の外套を脱ぎすて

登山道には全く雪は残っておらず、登山口から山頂まで延々とエンゴサクロードが続きます。
例年は、もう少し山頂までのグラデーションがあるのですが。
登山口~山頂までずっと

今が一番フレッシュな状態です。
エンゴサクは咲き始めの頃が一番 色合いが美しいですね。
ツートン

シロバナもあちこちに。実はよくよく見ると、完全な白ではなく、かなーり薄い水色なのです。
実物は淡い水色

Perfumeのようなフォーメンションも。
Perfume?

紫の濃いタイプも素敵ですよねぇ。
とにかく色の個性があって、飽きません。
どこぞではネモフィラの大庭園に観光客が殺到しているようですが、エンゴサクのこの爽やかな色も
負けてはいないと思うのですがねぇ。
このムラサキも素敵だよね

でも公園には、今時期 沢山の人が浮かれているようです。
円山の地下鉄コンコースもご覧の通り。
道産子は春はつい浮かれちゃいますよね。
浮かれた円山地下コンコース
スポンサーサイト

生きもの紀行

雨の函館を後にして、そのまま東へ移動。
…ここも函館市なんですねぇ。
昨日の霧雨がウソのよう
霧が立ち込めていた道南でしたが、みるみるうちに視界良好。
対岸、大間もくっきり見えます。

ほぼ山頂までクルマで登れる恵山。
生きてますっ
しかし、ご覧のとおりの噴気です。
前日に放映されていたブラタモリの箱根の大涌谷にも負けてないですねぇ。

道南ドライブでは、ここも欠かせません。
こちらも生きてます
こちらは噴気はありませんが、生きている火山です。
山の雪解け、森の芽吹き、地面一面の緑に、巨大な生命力を感じます。

一角にある大沼公園駅は雰囲気のある佇まい。
がんばれJR北海道
ここからクルマで20分足らずのところまで新幹線が延びていますが、
観光地にはローカルな汽車が似合います。
JR北海道も生き延びてくれ~

小沼をぶらり。
胸いっぱい深呼吸
このたっぷりの水が大地を潤すんですね…まさに生きてる。
ふたごも生きているって感覚を取り戻した時間でした。
・・・あと1週間もすると桜と観光客でいっぱいになるでしょうか。

<おまけ>
大沼公園のグルメサイト!
DSC_1734.jpg
フレッシュチーズサンドが超おすすめです^^;

DSC_1738.jpg
これについてはノーコメント。

函館山ぶらふたご

目指すは奥の山っ!
嘉平さんに見送られ、小雨の中、函館山の懐へ。
高田屋っ

あいにくの雨空でしたが、針葉樹の森の中はいい空気が立ち込めています。
足元はまさにスプリングエフェメラル~
エンレイソウ畑
こんなにエンレイソウがあるなんて・・・ここは宮の森コース。
キクザキイチゲ、キバナノアマナ、エゾエンゴサク、ニリンソウ、スミレ類が咲いていました。

この丸葉はなんじゃろ?
水玉
ふたごの歩みは遅々として進まず~^^;

エゾエンゴサクとニリンソウもお喋り。
お喋り中~

コジマエンレイソウも普通に咲いています。
この個体は花びら2枚。完全形は3枚のようですが、なかなか3枚揃っているのは無いようです。
こじ
久々のフレッシュグリーンに、パワーをいただいたふたごなのでした。
プロフィール

ふたごやまWF

Author:ふたごやまWF
季節を追いかける
ふたごブログへようこそ!

↓これまでのサイトです↓
http://blogs.yahoo.co.jp/futagoyama_c

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。