スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠回りなお散歩(藻岩山冬季コース)

三連休の中日は晴ればれ。ちょいと図書館までの用事があったので、
ブラブラと遠回りな散歩がてらに出掛けます。

と言っても藻岩山原生林の中を通っての散歩です
ここは全然人もおらず、眺めも良くてお気に入りのルートです。


ちょっと荒い毛羽立ちですが、生命力を感じます。
よくふたごで「雪解け水のクラスターは細かいから、生き物に活力を与えるんだよね」なんて、
どこかで聞きかじった小話をしながら歩いたのを思い出します。
DSC01347.jpg

ポカポカの斜面は鳥たちにも人気。ここのルートは特に小鳥が多い気がします。
DSC01348.jpg

本当は、このルートは最後にかなりキツイ勾配の直登をして藻岩山山頂へ至ります。
が、本日の目的は図書館。
なので、途中でルートを外れて適当に出た教会駐車場からの眺めです。夕張岳の稜線が美しい♪
DSC01349.jpg

その後、テクテクと辿り着いた中央図書館のカフェでいただいた、桜モンブラン。
春はじまりました。
DSC01350.jpg

<追伸>
ふたご弟はすでに15℃以上の関東の気温に、体内時計が間に合わないようです。
冬仕様のふたごだけに、こんな風にはしゃげないのは寂しいね。
DSC01339.jpg
スポンサーサイト

塩谷円山~ふたご姉発奮登山

先日のふたご登山で、相当の衰えを実感し、「これじゃぁイカン!」と発奮したふたご姉。
久しぶりに、1人登山で塩山円山に出掛けてみました。

うひょ~!! 登山口すっかり様変わりしてるっ?!

高速作ってるのは知っていましたが、こんな登山口にどんぴしゃりだったとは。
お陰で?立派な駐車場まで出来ておりました。
(が、当然満杯で、下山時には北ガスのタンクのところまで路駐の車が・・・)
DSC01288.jpg

何とも味気ないけど、この脇をテクテク400mほど進みます。
DSC01289.jpg

前日降った雨で、登山道は結構ぐちゃぐちゃ、どろどろで、黙々と登るのみ。
1人登山だと、つまんないね~。ふたごだと、葉っぱの色や樹木の形など、しょうもない事でげらげら笑えるんだけど・・・
DSC01297(1).jpg

DSC01298(1).jpg

晴れ予報にもかかわらず、意外に雲が多く、展望がきくようになってもどんより。
あっと言う間に鎮守の森の山頂です。
DSC01290.jpg

山頂は大賑わいで、10時頃で約40名ほどは居ましたね。その後、下山時も次から次へと。
DSC01296.jpg

左の採石場らしき斜面は、高速の工事の為のものかなぁ??
DSC01295.jpg

そしてその右手にはズームすると作りかけのトンネルが。
この山へのアクセスは更に良くなり、ますます大賑わいかな。
DSC01292.jpg

カムイヌプリ~晩夏のふたご登山2

晩夏のふたご登山、2座目はふたご未踏のカムイヌプリです。
「霧の摩周湖」って言うくらいだから、晴れることあるのかなぁ??と心配でしたが・・・


摩周湖そのもののブルーの青空♪
DSC01272.jpg

当然、お天気屋・ふたご弟のテンションはMAXな訳です。
DSC01275.jpg

そして、ここでも「チシマセンブリ」見つけられるとはっ!ほとんどの株が咲き終わっており、唯一この一株だけ。
アポイで見たより、色が濃い目でしたね。 これも摩周ブルー??
DSC01274.jpg

西別岳への分岐を過ぎると、西別岳そのものもドーンと見えてきます。
美しい形ですねぇ。体力があれば、向かいたいことろですが、なんせカムイヌプリまでも片道・7km。きびしい・・・。
DSC01281.jpg

そして、山頂に立った途端、この眺め
DSC01279.jpg

昨日の火山といい、なぜか「すべてが生きてるなぁ。」と直観出来る場所です。
DSC01280.jpg

下山途中、振り返るとロングなトレースが。
この尾根を歩いたんだねぇ。
ロングロング!
超久々の登山に、膝が笑ってたふたごですが、それ以上に笑顔がこぼれた山でした。

雌阿寒岳~晩夏のふたご登山1

久しぶりの広い空。
大雨被害のあった北海道ですが、一転、穏やかなお天気です。
空が広ーい

そう。
広い空を予約してやってきた場所は雌阿寒岳。
前回は霧で視界が悪かったので、リベンジです。
静かな森歩き
で、野中温泉からの登山道は静かな森歩きから始まります。
足元は木の根が大地を守ってくれている安心感。
躓かないように気を使い、運動不足気味の足を上げて進みます。

DSC01219.jpg

3合目を過ぎると険しさが増してきます。
と、同時に下山してくる方々も・・・(この日は珍しく10時スタートのふたご登山でした)
岩ゴロゴロの道
雌阿寒岳の山肌は紅葉時期でもないのに、色とりどり。
ひんやりした空気も、キラキラの日差しも、全てが体に滲みわたります。

神々しい溶岩
8合目に近づくと、神々しい岩に反射する晩夏の日差し。
火山はどこを切り取っても険しく、素敵です。

DSC01251.jpg

8合目より先はやや風が強めですが、霧を吹き飛ばしてくれました。
定番ですが絶景
火口内の水たまりは、先日の大雨の影響でやや色が薄めのようですが、絶景!
こっ、これを見たかった~

険しい荒野
でも、強風とこの荒々しさに、登山道でも安心していられません。

君の名は。の一場面
山頂付近の登山道はいくつもの噴火口に囲まれていますが、どこか安心感が。。。
でも、火山ですからね~
まったりしてはいられません。

この山にはこの山野草
下山時にはやや筋肉痛のふたご。
ゴゼンタチバナは日に日に色鮮やかになっていることでしょう。

円山の春紅葉

円山の春紅葉はこのくらい。
お向かいの旭山記念公園から撮りました。 曇天の為、鮮やかさに欠けるかな。


手稲山はまだ真っ白。 
あ~春山行きたいなぁ。雪の照り返しで真っ黒になりたーい。
DSC00846.jpg

もうこの子も来てます。「森の家」情報では、オオルリも来てるとか。
で、今日はフラフラしてるうちに新たな鳥見スポットを見つけました。都市公園、意外に穴場があるね。
DSC00852(1).jpg
プロフィール

ふたごやまWF

Author:ふたごやまWF
季節を追いかける
ふたごブログへようこそ!

↓これまでのサイトです↓
http://blogs.yahoo.co.jp/futagoyama_c

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。